日別: 2018年7月6日

民宿と旅館の違い

旅行にはよくいかれますか。旅行先での風景や建物、その地ならではの雰囲気を十分に楽しめる行事ではないでしょうか。そういった土地で満喫した後、旅行で必要不可欠な一つが宿泊施設かと思います。いくら昼間に楽しい思いをしても夜に宿泊する施設が意にそぐわないものだと楽しい気分が半減してしまうこともあります。最後まで楽しむのなら宿泊施設をおろそかにしないほうがいいと思います

民宿では、その宿泊施設にはどういったものがあるでしょうか。一番あげられるのはホテルではないでしょうか。今や多種多様なホテルがあるのではないかと思います。次は旅館。ここも多くありますよね。特に温泉があるところはよくみかけるかと思います。そして民宿やペンションがあげられるのではないでしょうか

そもそも、これらの宿泊施設は何がどう違うのでしょうか。旅館業法というのがあり、それによると、主に和室の部屋数が5室以上で1部屋あたりの広さが7平行メートル以上であれば旅館となり、主に洋室の部屋数が10室以上、1部屋あたりの広さが9平方メートル以上ある場合をホテルと定められているそうです。そしてその旅館業法の定めに満たない施設を民宿やペンションと呼ばれています。

では民宿はその旅館業法に満たないのであればいろいろな面で大丈夫なのかと心配される人もいるかもしれません。しかしながら民宿は旅館やホテルにはないさまざまな特徴があります。その特徴をご紹介いたしましょう。