カテゴリー: 未分類

料金の安さ

料金そして、民宿がほかのホテルや旅館と大きく違ってくるのは、料金ではないでしょうか。ホテル・旅館ともにサービスの充実性が整っております。出迎えも旅館であれば和服姿、ホテルであれば制服というような身だしなみから気を付けて宿泊客に不快な思いを持たせないようにおもてなしをしてくれます。部屋もちゃんとした個室であり、タオルや浴衣、アメニティグッズ等あらゆる物が取り揃えております。ホテルであればベッドメイキングもちゃんとしておりますし、旅館でも仲居さんなどがちゃんと敷いてくれます。まさにいたれりつくせりなのではないでしょうか。

それに対し、民宿はそういったサービスはほとんど行っていないでしょう。例えば田舎の親戚の家にいったような家族がお出迎えをしてくれます。タオルなどや浴衣、アメニティグッズも持参のところが多いかと思います。布団なども自分で上げ下げしなければなりません。そういったサービスができない分ホテルや旅館よりも格安になっております。

ですが、民宿には家庭的なあたたかさがあるのではないでしょうか。十分なサービスを受けることはありませんが、そこの民宿の家族があたたかく迎えてくれ、家族のように接して癒してくれるアットホームな空間を作り出してくれるかと思います。ホテルや旅館もいいのですが、たまにはこういった地元の人々に触れ合える民宿を利用してみるのもいいのではないでしょうか。

食の楽しみ

また民宿の醍醐味といえば料理ではないでしょうか。ホテルや旅館では夕食は会席とか和・洋・中のバイキングとか豪華な食事が用意されております。どこのホテルか旅館を選ぶ際にも食事の内容で左右されるときもあるのではないでしょうか。それぐらい宿泊客にとっての食事は大事なことだと思います。

食事民宿での食事ははっきり言うとホテルや旅館ほど豪華な食事ではありません。では何が魅力的なのか。それはその土地ならではの食事ができることではないでしょうか。その土地の旬なものや郷土料理などはやはりその土地に住んでいる人でないとわからないところももあります。そのような家庭的な料理は一般のお店などではやっていないでしょう。それは、その土地にしかないもので、実際にその場所に行かなければ食することができないものです。そして家庭的な料理のためにホテルや旅館ではあまり出すことができないでしょう。だからこそ家族経営で地域に密着している民宿ならではの最高級のおもてなしになるのではないでしょうか。

ホテルや旅館などの豪華さはありませんが、その分家庭的で昔かの伝統的な郷土料理やその土地でとれた旬なものを味わうことができる、それが民宿の特徴のひとつになるのではないでしょうか。食べるとどこかほっとするようなそんな温かい料理を食べてみてはいかがでしょう。

家庭的な雰囲気

民宿といってまずイメージするのはアットホーム的な感じがする施設ではないでしょうか。本来民宿は、農家や漁師など本業としている家が副業として自宅の一部を客に止めるところを指しています。いわばふつうの家庭におじゃまして泊まるようなものになります。

部屋一般の旅館やホテルとは違い部屋などは豪華ではありません。今では個室にテレビなどを備え付けられているところもあるかとは思いますが、各々の部屋には鍵がついていないところもあれば、貴重品を管理する金庫等もないところもあります。接客なども、ホテルなどの洗練されたものではないのですが、その代わりに家族ぐるみの温かいもてなしがあります。まるで自分の家に帰ってきたような雰囲気を醸し出してくれています。たとえばお風呂なども旅館などの大浴場ではなく、個人宅よりもちょっと大き目なお風呂になるかと思いますが、それはそれで家にいるかのような気分でくつろぐことができるかと思います。

場所もその土地や地域の中にあるため、そこに住む人々の実際の生活の雰囲気を楽しむこともできます。その地域ならではのいろいろな話や場所を教えてもらえることもあります。これは、ホテルや旅館では味わうことのできない貴重な体験になることでしょう。せっかく見知らぬ土地に来たのですから、十分にその土地の魅力を味わってみるのもいいのではないでしょうか。

民宿と旅館の違い

旅行にはよくいかれますか。旅行先での風景や建物、その地ならではの雰囲気を十分に楽しめる行事ではないでしょうか。そういった土地で満喫した後、旅行で必要不可欠な一つが宿泊施設かと思います。いくら昼間に楽しい思いをしても夜に宿泊する施設が意にそぐわないものだと楽しい気分が半減してしまうこともあります。最後まで楽しむのなら宿泊施設をおろそかにしないほうがいいと思います

民宿では、その宿泊施設にはどういったものがあるでしょうか。一番あげられるのはホテルではないでしょうか。今や多種多様なホテルがあるのではないかと思います。次は旅館。ここも多くありますよね。特に温泉があるところはよくみかけるかと思います。そして民宿やペンションがあげられるのではないでしょうか

そもそも、これらの宿泊施設は何がどう違うのでしょうか。旅館業法というのがあり、それによると、主に和室の部屋数が5室以上で1部屋あたりの広さが7平行メートル以上であれば旅館となり、主に洋室の部屋数が10室以上、1部屋あたりの広さが9平方メートル以上ある場合をホテルと定められているそうです。そしてその旅館業法の定めに満たない施設を民宿やペンションと呼ばれています。

では民宿はその旅館業法に満たないのであればいろいろな面で大丈夫なのかと心配される人もいるかもしれません。しかしながら民宿は旅館やホテルにはないさまざまな特徴があります。その特徴をご紹介いたしましょう。